スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
はためく街-1
はためく道

今、ティンプーの街は旗で溢れています。
それは何故か。

22日から始まったSAAC SUMMIT(サークサミット)という国際会議が開かれているからです。
このサークサミットとは南アジアの8カ国が集まって会議を開くもので、今回で16回目になるそうです。
そして、今回が初のブータンでの開催というわけで、国をあげての一大イベントとなったわけです。

サミットの参加国はこちら。

各国の国旗

全部の国が分かりますか?
インドやネパール、アフガニスタンなども入ってます。
こんな感じの旗が街のいろんなところに立ってます。
最近、風が台風並みに強いので、吹っ飛ばされちゃってるとこもありますが。
この他に、日本を含めた数カ国がオブザーバーとして参加します。
日本からは、外務省の政務次官がいらっしゃるそうです。

これらの旗の設置の他に、建物の改修や壁の塗り替え、植栽の伐採や植樹などが行われており、この3・4月で街のいたるところが変わりました。

サークサミットが始まった街では、22日の午前0時からブータン人は伝統衣装であるゴ(男用)とキラ(女用)を着るようにと言われているようで、休日なのにほとんどの人がゴ・キラを着ています。
なので、日本人の私は見た目がブータン人と変わらないのに洋服を着ているので多少「なんでゴを着てないんだ」という目で見られてしまいます。

警官も街中に配置されており、有名な手旗信号の交差点の警官も正装です。

手旗信号の警察官

会期は22日から29日まで。
28・29日には本会議が行われる予定で、各国の首脳が集まります。
ブータン政府は、これらのVIPのためにベンツを購入して護送に使っています。
警察車両を動員しての護送の予行演習もしてました。

各省庁では国の担当を決めて、それぞれの国をもてなすようで、関係部署は大忙しのようです。
しかし、自分が所属しているところはまったく無関係で、特になにも聞かされてません。

ブータン始まって以来の大きな国際会議です。
事故無く無事に終わって欲しいものです。

というわけで、その2につづく。
スポンサーサイト
[2010/04/25 00:12] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
店長について

そもそも、今現在なぜブータンなんてとこにいるのか?
一体全体何をしてるのか??

なんてことが気になってしょうがないと言う人はいるとは思いませんが、せっかくなのでその辺の基礎情報です。

●いつからいるのか?
 →2009年10月6日にブータンに到着
  2011年10月4日まで滞在予定

●何をしているのか?
 →ブータンの政府機関である保健省の病院施設開発課といった感じの部署で病院の設計および現場監理などの業務を担当しています。(していく予定と言った方が正しいかな)

●どこに住んでいるのか?
 →首都のティンプー市で5階建て(実質7層)のマンションの5階。

●何でブータンにいるのか?
 →滞在期間で分かる人もいるかもしれませんが、JICAが行っている青年海外協力隊次業のボランティアとして派遣されています。
  ちなみに、21年度2次隊という事になってます。
  協力隊事業そのものについて詳しく知りたいという方は「青年海外協力隊」と検索してJICAのホームページを見つけてください。
  それだけじゃ足りないと言う方はご連絡ください。

●ボランティアって事は無給なの?
 →いえいえ、そんなことはありません。
  ボランティアには、派遣国の物価や生活水準を鑑みて定められた規定にしたがって、3カ月おきに3か月分の生活費が支給されています。
  ちなみに、ブータンでは今のところ370ドル/月といったところです。これはJOCVと呼ばれる青年海外協力隊員の生活費です。SVのシニアボランティアはこの倍額程度です。
  これと合せて、日本国内の口座に国内積み立てとしてお金が毎月振り込まれています。

●ブータンに来る前は何をしていたの?
 →広島で設計事務所に勤務後、大工の修行中の2008年秋募集で協力隊合格。
  7月から長野県の駒ヶ根市で2ヶ月間の研修を経てブータンに派遣といった感じです。


そんなこんなで、任期もあと1年と5ヶ月となりました。
日本に帰るころにはブータンの建築を少しでも理解できればと思ってます。

と言うわけで、また次回をお楽しみに。
[2010/04/24 00:54] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ブータン基礎情報
現在、私の住んでるブータンについて。

詳しく正確な情報が欲しいと言う方は、ウィキペディとかで「ブータン」と検索してみてください。


といわけで、ここでは今自分の中にあるブータンの情報をまとめてみます。

●ブータンはアジアにある国
 ・正式名称「ブータン王国」
 ・アフリカにでもありそうな国名ですがアジアです。
 ・インドの隣、右上あたりにあります。
 ・ヒマラヤ山脈の南麓に位置しています。
 ・北側の国境はチベットに面しています。

●山に囲まれた山岳国
 ・首都の標高は2,400m
 ・インドとの国境は400m(だったきがする)。
 ・中国国境は7,000m級の山々。

●意外と南国
 ・緯度はほぼ沖縄本島と同じくらい。
 ・インド国境付近は完全に南国。
 ・四季がある。
 ・冬でも-2℃くらいにしかならない(首都では)
 ・乾季(冬)と雨季(夏)がある。
 ・乾季はかなり乾燥する。
 ・太陽が近いので、紫外線が強い。

●立憲君主制(?)
 ・2008年に新憲法をつくって、政治体制を移行。
 ・王様大人気(現在5代目)
 ・議会制民主主義。
 ・世界で唯一の仏教が国教の国。
 
●旅行に来にくい国
 ・一般の観光客は1日250ドル程度の滞在税みたいなものを払わされる。
  →ホテル代・食事代・ガイド代含む
 ・飛行機(小型)が2機しかないのでシーズン中は航空券が取れない。 
 ・しかも、国営航空しか運航していないのでチケットが高い。
  →タイ往復800ドルくらい
 ・ハイシーズンは3月から6月くらいと10月から12月ごろ。

●その他いろいろ
 ・国の大きさは九州くらい
 ・人口は60万人くらい
 ・西の端から東の端まで公共交通機関(バス)で移動すると5日かかる
 ・公用語はゾンカ語と英語
 ・ブータン系のほか、インド系・ネパール系の人が住んでいる
 ・ブータン系の人の顔は日本人とほとんど同じ
 ・王様は親子でバスケが大好き
 ・国技はアーチェリー、相撲みたなの、ダーツみたいなのなど5種類


というわけで、まだまだいろいろありますが今回はこの辺で。

 おいでませ魅惑の秘境ブータンへ!!

ドゥルックエアー


たぶんエベレスト


 
[2010/04/19 23:42] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。