スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
最新ブータン建築事情
先日、シニアボランティアとして活動されている方の紹介で現場見学へ行ってきました。

ブータンの現代建築は主にラーメンで骨組みを組んで、外壁や間仕切りはレンガを積んでモルタルで固め、表面をモルタルかプラスターで仕上げ色を塗るというのが多くの建物で使われている工法です。
基本的に壁はRCで一体で作るようなことはしません。

現場はこんな感じ。
普通の現場


壁に使われるレンガはインド製の物を輸入して使っています。
このレンガの品質はそれほど高くなく、大きさも±10mm以上の誤差があります。
そして、レンガなので鉄筋用の穴など無く、ほとんど全ての建物の壁は無筋のただレンガを積んだだけのものとなっています。

というわけで、このレンガの壁が地震などの水平力に対する耐震壁に成りえるわけも無く、耐震要素がラーメンの骨組みだけに依存しているような構造です。
そして、ブータンはヨーロッパのように地震の無い国かというとそうではなく、インド基準でいっても一番危険度の高い地域に指定されています。
昨年も東部で死者12人、建物の倒壊が4000件(だったと思います)の被害が出た大地震が発生しています。

そこで、ブータンでは建物の耐震化をするためにさまざまな取り組みがされていて、今回見学した現場はこのレンガの壁をもっと耐力のあるものに変えるための取り組みをしているところなのです。

行ってきた場所はティンプー市内にある「SQCA」という部署のオフィスと新工法の実験現場。
SQCAとは品質や規格の管理をしているところだと思ってください。

初めに、エンジニアの方から新しい工法の概要や施工方法、今後の計画などの話を聞いていざ現場へ。

新しい工法とは、インターロッキングブロックを使って壁を作るというもので、使っているブロックがこちら。
資材置き場

インターロッキングブロック


原材料はブータンで取れる赤土とセメントで、この二つを混ぜて専用の機械で加圧して成型されています。
この機械は、ハイラックスなどのピックアップトラックで運べる程度の大きさしかないそうで、この時は地方へ講習のために貸し出されていました。
1台の機械に6・7人がつき1日に700個程度のブロックが作れるそうです。
ちなみに、インド製の機械だそうです。

このブロックを半マスずらして凸凹を合せて積んでいき、所々穴の中に鉄筋を通すようになっています。
この凸凹のおかげで、つなぎのモルタル等を使うことなく積んでいけ、施工のスピードアップと品質の安定化、壁の水平耐力の獲得などいいことばかりの工法であると言っていました。
いろいろ「?」がつくところもありますが、今までのレンガの壁に比べたら格段の進歩だと思います。

実際の現場がこちら。
現場

拡大


完成後はオフィスとして使うそうです。
この建物には柱・梁が無く、日本で言うところの壁式構造で、建物のコーナー部と開口部の周辺にのみ鉄筋が入っています。
これだけ聞くと、かなり危険な気がしますがSQCAの担当者は自信満々で大丈夫と言っていました。
まぁ新しい事にチャレンジする時は多少の危険も伴うものなのかなと思って気にしない事に。
いちおう、現在のオフィスの1階には実験室があり、強度試験や配合試験などを行っていて強度の証明は出来ていると言っていました。

コストは、現在の工法よりも安くでき、しかもブータン国内で調達できる材料で作れるということで今後全国的に普及していくことを推進していくようです。
この工法が全国に普及していけばある程度地震に対して有効な構造の建物が簡単に作ることができ、安全性の向上が期待できるという素晴らしい実験現場なわけです。

おまけ。
かなり危険度の高い足場。
足場

これ、こちらではけっこう普通です。
スポンサーサイト
[2010/05/30 23:30] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ゴとキラ(作ってみよう)
前回の記事でブータンの伝統衣装について書きましたが、こちらに住んでいる以上やはりわたしも必要だという事で、ゴを一式こちらに来てすぐ買いました。

市内には何件もの生地屋さんがあり、そこではブータンで作られた手織りの高価な物からインドで作られた機械織りの比較的安価なものまで様々な柄の物が取り扱われています。
価格は手織りがだいたい安いもので2000Nu(←ニュルタムといいます)からで高いものだと400000Nuする物もあります。
機械織りはだいたい1000~2000Nuくらいでしょうか。
※100円≒50Nu

これは生地のみの値段で、オーダーで作ってもらうときはそれに仕立て代とか裏地代とかその他入ってという価格になります。
仕立て代はだいたい生地代の1割程度ということです。
出来上がりまでの期間は、早いところで次の日に、遅くても1週間くらいで出来上がります。

ちなみに、王様が戴冠式で着たゴは、生地を織るのに1年かかってその値段は日本円にして100万円以上するそうです。
(こちらの年収は若手の公務員で30~40万円程度)

このほかにも、買ってその場で着れる既製品のゴやキラも売ってます。

生地屋さんはこんな感じ。

PA106829.jpg
隣の女性はお店の人です。

しかし、どうやら日本人離れした自分の体はこちらでも同じらしく、この時に買った既製品のゴは体に合ってなかったのです。
そこで、職場の同僚にその事を話すと、どうやらお母さんが手織りの生地を取り扱っているらしくさっそく家からお勧めの生地を持ってきてくれました。職場に。

生地


朝から、同室の同僚とかたまたま来た上司とかを巻き込んで、柄合わせ大会です。

柄合わせ


で、生地が決まったら普通は仕立て屋に持って行って採寸をしてもらうんですが、たまたまその時にいた上司が小さくなったゴがあるからそれを着てみてサイズを確認しようという話になって、持ってきてもらって着てみたのがこんな感じ。

試着1

後ろ。

試着2


後ろの腰から下の折り返しが重要だそうです。
これはパーフェクトだとそこにいたみんなが言ってたので、自分ではよく分かりませんがそうなのでしょう。

というわけで、今回は採寸することなくこのゴを元に寸法を決めて作ることになりました。
そして、5日後に仕立て屋さんに取りに行って出来上がったものがこちら。

完成


一人で着るのが難しいため、次回着たときに写真を撮っておきます。
ちなみに、今回の生地は伝統的な柄です。
去年までは無地やモノトーンな柄が流行っていたのですが、今年の流行は伝統的な柄に回帰しているらしいです。
そういえば、街中で見るゴもいろんな柄のが多いです。
流行の波は日本もブータンも変わらず、新しいものと古いものが行ったり来たりなんだなと思った今日この頃でした。
[2010/05/23 09:46] | デザイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ゴとキラ
今回は、ゴとキラについて。

って言われても、何の事だかという人がほとんどだと思いますが。

伝統を重んじる国ブータンには日本と同様に伝統的な民族衣装というものがあります。
男性が着るものを「ゴ」、女性が着るものを「キラ」と呼びます。
その成り立ち等々は勉強不足でよく分かりませんが、ブータンの法律では一応ブータン人はみんな常日頃からこのゴ・キラを着用すべしというように決まっています。
近年では、中学校の風紀委員のようにあまりうるさく言われなくなってきたと言われていますが、官公庁の職員や公式行事・大事なお祝い事への出席の際などのフォーマルな場面では必ず着用するようになってます。

この決まりは、基本的に外国人は除外されていますが、顔が似ている日本人はたまに「なんで着てないんだ?」というように見られることもよくあります。
ちなみに、ボクは職場ではスーツをよく着ています。
ブータン人に似た顔をしてスーツを着ている=日本人という図式です。

ちなみに、ゴはこんな感じ。↓

ゴ

おじいさんが手に持っている白い布は「カムニ」という、正装時に体にまくものです。


キラはこれ↓

キラ(学校の制服)

どこかの高校の女子生徒ですか。たぶん。


ちょうど、偉い人が通るということで道路に沿って多くの人がゴやキラを着て待ってました。

沿道にならんで 


こんな感じ、でみんな大事な時はみんなだいたい着てます。
形は決まったものしかないため、色や柄に趣向を凝らして、オシャレを楽しんでいるようです。

日本では、普段ほとんど着られることのなくなった和服ですが、ブータンの伝統衣装は現在も人々の生活や「ブータン人らしさ」というアイデンティティーに密接に関わっています。
[2010/05/16 12:09] | デザイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ブータン建築の基礎
広島でお世話になっていた方のブログで紹介していただいたみたいです。
ありがとうございました。

いまとても注目されている若手の建築家で、とても才能の溢れる方です。
これからどんどん活躍されると思います。

●FUTURE STUDIO 小川文象
 http://www.futurestudio.jp/index.htm

みなさんもぜひチェックしてみてください。


というわけで、本職の建築の方に見ていただいても大丈夫なようにようやく建築らしい内容を。

ブータンの建築には他の国では見られない特徴がたくさんあります。
今回は、その中でも特に外観の特徴を紹介したいと思います。

1.屋根は全て勾配屋根
 ・切妻もしくは寄棟が基本です。たまに入母屋も見かけます。
  ※切妻:板を半分に折って乗っけたような2方向に勾配のついた屋根。日本でも一般的な家に多く使われています。
  ※寄棟:四方に勾配がついた屋根。洋風の住宅やちょっと高級そうな住宅にもよく使われてます。
  ※入母屋:日本の農家に多く見られる屋根。切妻と寄棟を合体させたような形。

2.屋根の色は緑かオレンジ
 ・これは建築基準法みたいなもので決まっているそうです(もしかしたらティンプーだけかも)
 ・基本的には緑が一般の建物でオレンジは寺院や城砦などで使われています。
 ・最近はコスト削減のため無塗装のシルバーの屋根もあります。

3.屋根の素材はCGIが基本
 ・CGIとは平たく言えばトタンです。なので、無塗装だとシルバー。
 ・すごくと古い建物は板葺きで石が重石で乗ってます。(日本昔話に出てくるような家の屋根)
 ・たまに石を割って作られたスレート葺きの屋根も見かけます。

4.外壁はブータン意匠を使わないといけない
 ・細かくはまた今度書きますが、基本的にブータンらしいディティールを使わないといけません。

5.窓や扉などの開口部はブータン意匠を使わないといけない
 ・これはどんな小さな窓にも使われています。
 ・バラックのような小屋でも使ってます。

6.建物は基本的に5階建てまで
 ・いろいろと抜け道がありますが、基本はこうなってます。
 ・たぶん、町並みの保存が目的だと思われます。

このような特徴を踏まえて、ティンプー市内の建物を見てみましょう。

P4249926.jpg
これは古い形式で立てられた住宅です。
3階の正面側壁面の装飾がブータン意匠です。
全ての窓にもブータン窓が使われています。


続いてこちら。
街中のビル
メインストリートにある複合オフィスビルです。
比較的新しく大きな建物ですが、外観は先ほどの住宅とあまり変わりません。


最後は、ブータンの高層ビル群。
P4259946.jpg
近年、ティンプーは開発が進み、このようにどんどん大きな建物が建ってます。
でも、全ての建物が1~6の特徴を持っているのが分かりますか?


このように、デザイン上の制約の多いブータンですが、地方によってはその土地に合わせた違ったデザインの建物もあるので、追々紹介していきたいと思います。

というわけで、またのご来店をお待ちしております。
[2010/05/09 01:05] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
はためく街-おまけ
先週終わってしまったSAARCサミットのおまけ。

サミットで変わったこと、気づいた事などなどをまとめて。

●道路がきれいになった
 ・一部の道路ではアスファルトが引きなおされました。でも、日本と違うのは古い舗装の上にプライマーらしきものを塗ってその上に直に新しいアスファルトを敷くというなんとも大胆な方法で工事してました。
 ・一部の道路に中央線が引かれました。ブータンでは中央分離帯がある道路はあっても基本的にそんなもの見たことがありません。

●警官が大発生
 ・いたるところにいました。
 ・普段こんなにいないのに、どこから沸いて出てきたのか不思議です。

●犬がなんとなく減った気が・・・。
 ・野犬狩りでもしたのでしょうか、街中で見かける数が減ったような気がします。
 ・とはいっても、習慣で殺されることは無いのでいつかまた戻ってくるでしょう。

●夜の店が早く閉まる
 ・サミット期間中はノーミュージックノーダンスだったそうです。
 ・各国の代表団の一般職員みたいな人たちはブータンのナイトライフが楽しめず残念だったことでしょう。

●みんなゴ・キラを着てる
 ・もともと普段から着ないといけないものらしいのですが、政府のお達しにより子供以外はほとんどみんな来てました。普段は仕事が終わった人などは洋服です。

●インド・ネパール人がいない
 ・ブータンには建設現場などの労働力としてインド・ネパール人の人が多く出稼ぎに来ています。しかし、この期間中は、母国に帰されたり外出禁止になったりという措置がとられたそうです。
 ・ブータンの暗部を垣間見た気がしました。

良いこともあり、そうでもない事もあった1週間でした。


そうそう、何にも影響が無いと思っていた自分の職場にも多少影響がありました。

救急車

緊急時のVIPのバックアップのために地方から救急車が応援に駆けつけてました。
もちろん運転手とスタッフ付で。
その救急車とスタッフが寝泊りしてたのが、元産婦人科&耳鼻科の病棟だったうちのオフィスだったのです。
いつも見かけない人がいっぱいいて、おまけに玄関のところでケータリングの飯を食べてたので、不思議に思って同僚に聞いたらそういうことでした。
かといって、特に自分が何かしたわけではないですが。

ただ、地方の病院は規模も小さくあまり救急車も無いのにスタッフ付で貸し出させるとはまたすごいなと。
その間、地方の病院がどうなってたか不思議です。
ちなみに、写真の救急車はタシアンツェという首都から3日ほどかかるところの病院のものです。

この救急車が活躍することなく終わったのは良かったと思いますが、遠路遥々ご苦労様でした。
[2010/05/08 19:21] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
はためく街-2
SAARCサミット本番。

4月28日・29日で参加各国の大統領や首相が全員集まり会議が行われました。
会議の様子は、生中継でブータン唯一のテレビ放送局BBSで放映され、テレビのある場所ではブータン人の多くの人が足を止めて観ていました。

会議では、初めに各国の代表が5分間のスピーチをしたそうなんですが、自国の援助実績などのアピールをして、ほとんど全ての国が時間をオーバー。
その中でも、オブザーバー国で参加したイランは議長であるブータン首相の制止を振り切って、15分間も喋っていたそうです。
その中で、日本の代表はきっちり5分間でスピーチを終わらせ、内容も今回のサミットの主題である気候変動についての話をしたそうで、好評でした。
5分で終わらせるところが日本人的という感じはしますが。

その会議場にはとうぜん入る事ができないので、会議が始まった街の様子を見て回ってきました。

まず驚いたのは、メインストリートであるノルジン・ラムに車が一台もいない。
いつもは、路上パーキングに車やタクシーがたくさん止まっているのに、この日は駐車禁止になっていました。
そして、サミット参加国の国旗がプリントされた旗を持った周りの学校の生徒が集まってきて、道路沿いに一列に並び始めます。
会議場へ向う各国代表団の車列を歓迎するためです。

旗振り役の生徒たち

通りの端から端まで続いてます。
27日を含めた3日間毎日朝から旗を振るために各学校から500人の生徒を動員してやってるようです。
もちろん、授業を休みにして。

オーストラリアの代表

その前をこのように、国の名前が書かれたナンバープレートの車が走り去っていきます。
この車はオーストラリアの代表が乗るBMW。
新車です。
このときは、急に目の前で止まって保健省の施設に視察に入っていきました。

警備の警官

パトロール中の警官。普段はこんな装備をしていません。
アメリカのスワットみたいです。



場所は変わって、本会議がある28・29日はVIPのためかサブジマーケットと呼ばれる野菜市場の建物で物産展のようなものが開かれてました。
サブジ(市場)の物産展

お土産

売ってる物といえばこんな感じです。
ブータン特産の織物とか仏像・宗教画のタペストリーなどです。
残念ながら日本のように食に関するお土産は無い国なのです。
ブータン饅頭のようなものがあればいいのですが。。。


このように、ティンプーの街を上げての歓迎が功をそうしたのか、本会議では大きなトラブルも無く無事に全日程を終了して各国の代表は30日に帰っていきました。
もちろん、旗を持った生徒たちが見送ってくれたのはいうまでもありません。


こんな国を挙げての大イベントのときでも小学校に入る前の子供には関係無いようで、普段どおりに野良犬と遊んでました。

夕方のこども
[2010/05/03 00:40] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。