スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
超絶技巧
先週の木曜日、とある事情により家具屋周りをしました。
その時に発見したすごいものをご紹介。


これは、ブータン式のソファーです。
上に、細長い座布団みたいなのを置いて使います。

写真0823-1

これを見ただけで、ボクが発見したものがわかった人はいい目を持ってます。








少し近づいてみると・・・・

写真0823-2


何となく分かります?








ここまで寄れば分かるでしょう!
超ドアップ

写真0823-4

これで分からない人の目は節穴と言われてもしょうがないかも。
そして、これはペンキで描かれた節。




そう、もうお分かりですね。
この家具の表面は、なんとペンキ仕上げでできているんです!

たぶん、針葉樹系の材木のイメージなんでしょう。
しかし、板目とも柾目とも分からないこの感じ。
節を描けば木っぽく見えると思っているのか、不自然なほどの節の位置。

ブータンでは人件費が安いため、あまり工数がどうとか手間がどうとかって考えないようなところがあります。
しかも、手間賃を代金にあんまり乗せない。
大体の場合、原料価格≒販売価格だったりします。
それもこれも、こういった仕事はインド人やネパール人の出稼ぎ労働者がやってる場合が多いからなんだろうなと想像できますが、実態はどうなんでしょうね。

しかし、ぱっと見で遠くから見れば木に見えなくもない。
刷毛目を使って上手に年輪を表現しているのもありました。
ある意味、職人技の数々です。



~~~フェイク・木目コレクション~~~

写真0823-5

写真0823-6

オーク系の広葉樹でしょうか。
波乱に満ちた木の人生を物語る、激しく波打った年輪。



写真0823-7

エイ!(右下から右上)
ヤー!!(左上から左下)
トー!!!(節)
の3段階で描かれたのではと思われる勢いのある年輪。


これを日本で作るといくらかかるんでしょうね?
スポンサーサイト
[2010/08/23 18:03] | デザイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
この道をいけば
どこへ行くのか分からなかったのが、ティンプーにある国内最大の病院JDWNRH。
王様の名前を冠した国立病院で350床の病室と、内科・外科・歯科・耳鼻咽喉科の他に、MRIや透析室といった国内では唯一の設備をもった総合病院です。

設計時期や着工がいつだったかは詳しく知らないのですが、少なくとも5年前くらいからの計画で、いまだに竣工にはいたっていない未完の大器です。
といっても、後は室内の工事や設備の設置、外構などの残工事という感じですが。

その他の細かいところはまた次回においておいて、この病院で活動する看護隊員からしょっちゅう言われる文句がいくつかあって、その一つが、館内が迷路みたいでどこに何があるのか分からないというもの。
実際、これはオフィスのカウンターパートや上司も認識しているらしく、かなり使いづらいというのはどうやら周知の事実のようです。

そういった苦情のおかげか、そもそもそういう予定だったのか(いまだに未完のため)、館内案内図を作る仕事が3ヶ月くらい前に回ってきました。
実は、元々他のスタッフがやるように言われていた仕事だったのですが、ブータンには館内案内図というものがほとんど、いや一切見たことが無く、もちろんそのスタッフもどうしていいか分からなかったので、自分にお鉢が回ってきたというようなことです。

とはいっても、その人のスキルアップのためにと思い、アドバイス程度にしようかと思っていたら、あまりの出来なささに結局ほとんど自分がやってしまうことに。
そして、出来上がったデータを渡して、チェックしてねと言った後、何事も無く過ぎていくこと3ヶ月。
なんと、いつの間にやら病院の玄関に見たことある敷地案内図が!
そう、知らぬ間に完成してました。

写真0815-1


そして、各階にも設置され。

写真0815-2

GROUND FLOOR

写真0815-3

1st FLOOR

写真0815-4

2nd FLOOR

あと2層ありますが、割愛。


よくよく見てみると、なんだか違和感。なんか自分が作ったのと違う。
色が違う。色が飛んでる。
たぶん、サンプルを作ってチェックしたわけでもなく、業者の人もそのままやっちゃったのではないかと想像してしまいますが、どうだったんでしょう。
どうあれ、出来上がりはちょっと微妙。
こんなことなら、もっと積極的に関わればよかったと少し後悔してます。


とは言っても、これが設置されたことにより、看護隊員からも分かりやすくなったと言われ、文句の種も一つ減ったことは喜ばしいことです。
これで、アントニオ・猪木が来ても「バカやろー!」とビンタを食らうことはなさそうかな。
病気で不安な気持ちを抱えたままで病院内迷子になる人が少しでも減ってくれればと思っています。


そんなわけで、記念すべき(?)ブータンで初の形になる仕事がひっそりと完成されました。

写真0815-5


どんな物であれ、こうして使ってもらえてるところを見るとやっぱり嬉しくなりますね。
[2010/08/15 20:01] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
8月6日
今年もこの日が来ました。
65回目だそうです。

広島で生まれ育った人は少なからず、何かでこの日が人生に関わっている人が多いと思います。
自分もその一人なのですが、長くなるので今回は割愛させていただきます。

昨年のこの日は長野県で訓練中で、ちょうど所外活動という訓練所外の施設で活動するという日で老人ホームに行ってました。
朝出かける前の準備して、8時15分になったので黙祷しようと思っていたら、なんとサイレンが鳴りました。
長野県では普通原爆の日にサイレンがなるみたいで、広島以外の県ではやってないと思っていた自分にとってはビックリする出来事でした。
その後の老人ホームでもこの話になり、入所者の方が当時の事をお話してくださったのを覚えています。

今年は、広島から遠く離れたブータン。
時差も3時間なので、朝5時に起きて準備していて、なんとなくテレビをつけてみたらNHK WORLDで式典の中継をしていました。

写真0806-1


黙祷もこれに合わせて行い、日本ではあまり放送されなかった国連事務総長のスピーチまで聞くことができました。
テレビの中の見慣れた風景もこうして外国で見ると少し違った印象を受けますね。
広島は今年も夏らしく暑い一日だったようです。


ブータンでは、高校生の時に広島・長崎について授業で習うそうです。
なので、ブータン人のほとんどが広島の名前と何があったかを知っています。
そういう事情もあって、ブータンで唯一の放送局BBS(ブータン・ブロードキャスティング・サービス)のニュースでもこの式典の模様が放送されていました。

写真0806-2


日本では、中継が途中で終わった地域もあったりして、だんだん遠い記憶となってしまっているような感じもありますが、ヒマラヤの辺境ブータンでもこうして少なからず語り継がれている事に、まだまだ捨てたもんじゃないなと思いました。

こんなにも関心がある国に来たのも何かの縁だと思うので、帰るまでに少なくとも1度は広島や長崎の事をもっと知ってもらえる活動ができたらなと思ってます。
まだ思っているだけなので、具体的にはぜんぜん動き出してはないですが。


最近、1階の階段の入り口に子猫が住み着き始めました。
たぶん、住人の飼ってるネコです。
こんな風に、のんびり日向ぼっこできる日々が世界中で続いていってほしいなと思った朝でした。

写真0806-3


[2010/08/08 22:09] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
引越し-3
しつこいですが、これで最終回。

写真がアップできるという技を得たのをいいことに、新しいオフィスのディティールを紹介(?)します。

まずは前回ピンボケしてしまった自分のデスク。

写真0808-6


ただただ雑然としてます。
パーティションに貼ってるのはJICA WORLDという機関紙みたいな雑誌についてる世界各地の写真を使ったポストカードです。

次は、席の後ろに貼ってあるJICA BHUTANオリジナルカレンダー。

写真0808-5


ブータンで活動中のJOCVとかSVとかが職場の風景と共にのってます。

そして、カウンターパートの後ろに飾ってある5代国王の肖像写真&英語の格言。

写真0808-4


国王の写真はどこのオフィスでも飾ってあります。
時には歴代国王だったり。
英語の格言は「今日できる仕事は今日やろう」的なやつだったと思います。

打合せ中のカウンターパートと病院の先生などなど。

写真0808-3


その上で回っている天井扇。

写真0808-8


天井が低いのでサーキュレーションというよりも扇風機です。
機械部分は天井内に入ってて、大丈夫なのかな?と思ってしまいます。

鉄工所作成っぽい荒業のパーティション。

写真0808-10


元あったRCの柱をぶった切って作られたのであろう鉄骨柱一体パーティション。

写真0808-12


電気のエンジニアの部屋

写真0808-2


トイレ

写真0808-1


ブータン式トイレです。

オフィスの入り口。

写真0808-7


廊下に面して、ガラスを入れた開口を取ることで廊下を明るくするといった手法がよく使われてます。
サボってパソコンゲームをしてるのが丸分かりなんですが、そこはご愛嬌ということで。

新しいオフィスが気に入ったのか、ネコも遊びに来ました。

写真0808-11



というわけで、こんなところでそこそこ快適に働いてます。

お近くにお寄りの際は是非遊びに来てください。
[2010/08/08 21:37] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
引越し-2
そして、とうとう引越しです。
って言っても、先々週でしたが。

半年かかってリニューアルされたオフィスに2日かかって荷物の移動。
机をばらしたり、パソコン運んだり。
なんだかんだで重労働でした。

こちらに持ってきているiPhoneで写真を撮って、メールを送るという方法で写真が使えるということに気づいたので、写真つきでご紹介。
ただ画質は・・・、ご了承下さい。


まずは新しいオフィスの外観から。

外観

なぜか前庭があります。
植えてあるのは、一面に広がるいろんな種類の野趣溢れる雑草と1株の白いバラ。
あと、ひまわりなど。
その必要性に疑問を感じざるを得ません。


中のオフィスはこんな感じ。

オフィス

大部屋方式で、ブータンでは珍しいローパーティション。
でも、既製品なんてないので、角材を溶接で留めた枠にインシュレーションボードをボルトで留めてます。
床はなんとカーペット。
廊下の反対側と合わせて、9人部屋となりました。

うち、建築2人(自分とカウンターパート)
   ドラフター2人
   電気エンジニア5人

なぜか、電気が多いオフィスなのです。
壁にはサーバーボックスも付いてます。
各デスクには電源のアウトプット2つとLANのジャックがあります。
ブータンの中ではかなりインテリジェンスな装備です。
真ん中には打ち合わせようの大きなテーブルなんかもあります。
天井扇はどこのオフィスでもよく見かけます。
天井が低いので、扇風機代わりです。

そして、これがボクのデスクです。
写真を撮ってる時にちょうど話しかけられたので、ぶれちゃってます。

マイデスク

今まで、机が1つしかなく本棚も無かったので、机の上に本とか図面とかが散乱してたのですが、引越しに乗じて机をひとついただいてきたので、使い勝手の良いL字型になりました。
そうはいっても、もう散らかってますが。
待望のネットもつながり、先輩IT隊員のおかげで英語版PCでも日本語を使えるようになり、革命的に仕事環境が向上しました。
あとは、仕事内容の向上を目指したいところですが、その辺はまだまだです。
オフィスのスタッフのやる気が、ネットの向こうのゲームの世界に向かわないことだけを願ってます。

そんなわけで、赴任当初からどたばたと続いた引越し騒動もこれにて終了です。
心機一転、新たな気持ちで仕事をやっていきたいなと思いつつ、のんびりムードの空気に浸ってます。
[2010/08/02 21:40] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。