スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
RTC
毎度ご購読いただきありがとうございます。
あれよあれよとカウンターも300を越え、たぶん半分は自分だと思いつつも、読んでくれてる人がいるのだなと感動ひとしおな今日この頃です。
読んでくれてる一人に「専門用語の意味が分からん」と言われても、なるべく解説を入れつつ建築っぽい話をしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

それでは今回はRoyal Thimphu College について。

私が住んでいるティンプーには大学があります。その名も↑。
ブータンの大学については次回詳しく書こうと思うのでその時に。

ある事情から、この大学を見に行かないと行けなくなったので今回は大学内の建物をご紹介します。
まずはササーっと写真を。


●正門

正門


●メインの校舎

P5290699.jpg

裏手
P5290693.jpg

教室
P5290695.jpg


●学生寮

正面は日本にもありそうなデザイン
学生寮(正面)

裏手にはこっそりブータン装飾
P5290642.jpg


●職員寮

P5290626.jpg


●食堂

高い天井とトップライト
学食

食べてみました(1人50円くらい)
P5290670.jpg

今日のメニュー
P5290674.jpg


こんな感じです。
このほかにもサッカー場やバスケットコート、キャンティーンに売店、もちろん女子寮もありますが、まだ開校して1年なので、生徒も1学年分しかおらず、施設も工事中のものが多かったです。

ブータンの一般的な現代建築とは違い、かなり洗練されたデザインをされていると思います。
見に行く前に知り合いのシニアボランティアの方に「デンマーク人が設計したらしい」と聞いていたので、どこと無くヨーロッパの山中にありそうだなと思っていたら、なんと純ブータン人設計ということみたいです。
ラッキーな事に、職場のカウンターパートの親戚の設計事務所が設計したようで、そのカウンターパートも学生寮の家具をデザインしたみたいです。
今度、その設計者とお会いできる機会をセッティングしてくれるそうなので、ブータンの建築についていろんな話を聞けそうです。

そんなわけで、まだまだ講堂などの施設も建設中なので完成次第見学に行ってこようと思います。
ブータンなのでこちらにいる間に完成するかは分かりませんが。


今回もっとも気に入ったのが、メインの建物で使われていた窓のディティール。

P5290710.jpg


なかなかかっこよくできてると思いません?
新しいデザインをやるぞという意気込みさえ感じます。

このRTC、ブータンっぽくないブータン建築の今後が楽しみです。
スポンサーサイト
[2010/06/13 23:32] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ブータンの建築事情① | ホーム | 現場調査>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/13-0229fbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。