スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ブータンの建築事情①
ワールドカップ、日本はどこまでいけるでしょうか。
今日のイングランド、ランパードのシュートは残念でしょうがなかったです。

ブータンではインドの衛生網を使ってケーブルテレビを見ることができるので、全試合生放送で見れます。
今度の火曜にある日本―パラグアイももちろん生放送で。
よく行くバーが定休日にもかかわらず日本人限定で開けてくれるそうなので、みんなで応援しようと思います。


さて、ここで問題。
この写真のロープは何のために道を横切っているでしょう?

P6260951.jpg


どうでもいい話ですが、先週JICAチーム対ブータン人チームでサッカーの試合をしました。
通算で5戦目くらい、自分が参加して2戦目でした。
試合会場は前回の記事で書いたRTC。
後半のロスタイムが何故か10分あったおかげで、4-3の逆転勝利を飾る事ができました。
初勝利です。

というわけで、その時に撮れたなんだか感じのいい写真です。

P6200939.jpg



それでは、正解。

P6260954.jpg


基礎から立ち上げた柱の主筋を保持するのにいろんなとこに結びつけるために道と敷地をまたいで張られているわけです。
このまま数週間放置されることもしばしば。
これで建て入れ直しもします。
鉄筋はサビだらけでもこのまま型枠を組んでコンクリートを打ちます。
日本基準で言うといろいろ問題ありですが、これが普通です。

ブータンの現場は驚くような事がたくさんありますが、今後もこんな感じでご報告していこうと思ってます。
スポンサーサイト
[2010/06/27 22:49] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<緊急事態 | ホーム | RTC>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/14-3a167b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。