スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
超絶技巧
先週の木曜日、とある事情により家具屋周りをしました。
その時に発見したすごいものをご紹介。


これは、ブータン式のソファーです。
上に、細長い座布団みたいなのを置いて使います。

写真0823-1

これを見ただけで、ボクが発見したものがわかった人はいい目を持ってます。








少し近づいてみると・・・・

写真0823-2


何となく分かります?








ここまで寄れば分かるでしょう!
超ドアップ

写真0823-4

これで分からない人の目は節穴と言われてもしょうがないかも。
そして、これはペンキで描かれた節。




そう、もうお分かりですね。
この家具の表面は、なんとペンキ仕上げでできているんです!

たぶん、針葉樹系の材木のイメージなんでしょう。
しかし、板目とも柾目とも分からないこの感じ。
節を描けば木っぽく見えると思っているのか、不自然なほどの節の位置。

ブータンでは人件費が安いため、あまり工数がどうとか手間がどうとかって考えないようなところがあります。
しかも、手間賃を代金にあんまり乗せない。
大体の場合、原料価格≒販売価格だったりします。
それもこれも、こういった仕事はインド人やネパール人の出稼ぎ労働者がやってる場合が多いからなんだろうなと想像できますが、実態はどうなんでしょうね。

しかし、ぱっと見で遠くから見れば木に見えなくもない。
刷毛目を使って上手に年輪を表現しているのもありました。
ある意味、職人技の数々です。



~~~フェイク・木目コレクション~~~

写真0823-5

写真0823-6

オーク系の広葉樹でしょうか。
波乱に満ちた木の人生を物語る、激しく波打った年輪。



写真0823-7

エイ!(右下から右上)
ヤー!!(左上から左下)
トー!!!(節)
の3段階で描かれたのではと思われる勢いのある年輪。


これを日本で作るといくらかかるんでしょうね?
スポンサーサイト
[2010/08/23 18:03] | デザイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南方遠征記 ゲドゥー偏 その1 | ホーム | この道をいけば>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/23-248b9b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。