スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
南方遠征記 ゲドゥー偏 その3
ゲドゥー偏は今回で最終回。
っていっても、初めて見る人はこれが一番初めに目に入るんですよね。
というわけで、下のほうに「その1」があるので、ここは飛ばして下から読んでみてください。
「その1」から読まないと訳のわからない事になるというわけでもないですが。


今回は、現場で見つけた不思議なもの特集。
いろいろあります。さすがブータン。


まずはこれ。

P8141170.jpg


大工さんの道具です。

スコヤがあったのがちょっとびっくり。
なのに、直角が出てない所のほうが多いのもびっくり。
ノミはどこでも使ってるんですね。
このノコギリはアサリがついてましたが、ティンプー市内で買ったノコギリには無かったです。
なので、木材を切るときには苦労しました。
自分でやれってことなのかな?


トイレの横の浄化槽的な物。

P8141180.jpg


ここにいったん下水を貯めて上澄みを流し、固形物はいっぱいになってたぶん人力で汲み取ります。
自然環境のことも考えてます。


理科室の机。

P8141174.jpg


日本の学校にもよくある流しとガスがついたあれです。
ここでは、現場打ちで作っちゃいます。
机の表面はモザイクタイル。
なんとも豪快な感じです。
一応、配筋はしているそうです。シングルで。


夜中、現場内を大暴れするして騒音を撒き散らす暴走族。

P8141160.jpg


日本では見たことも無いカブトムシでした。
これの他にでっかいクワガタもいました。
名前を知っている人がいたら教えてください。
こいつら、かなりうるさいそうです。


けっこういろいろありましたが、日本の援助が入っている現場だけあって、ブータンの中ではかなりちゃんと管理されている方の現場でした。
「これで?」
と思われる人もいるかもしれませんが、これが今のブータンの現状といったところでしょうか。

まだまだ問題山積みなブータン建築業界ですが、これから先少しづつ改善していってほしいなと思う次第であります。

それでは、次回は国境の街プンツォリン偏でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
[2010/09/09 22:51] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南方遠征記 プンツォリン偏 その1 | ホーム | 南方遠征記 ゲドゥー偏 その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/26-e99e48b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。