スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
南方遠征記 プンツォリン偏 その1
最近、自宅のネットの接続が悪いです。
なので、なかなか記事が書けません。
(ということにしてください)

さてさて、南方遠征記第2回はブータン-インド国境の街プンツォリン。

首都ティンプーが政治街として発展してきたのに対し、プンツォリンは商業の街として発展し、国内ではティンプーに次ぐ大きな街です。
ブータン国内の物資はほとんどがインドから輸入されており、陸路で運ばれてくる物資の玄関口となるのがこのプンツォリンなわけです。
(東部にもう1箇所同じような国境の街があります)
そういった関係で、インドとの結びつきも強く、さまざまな面でインドを感じられる所です。
インド側の街の名前はジャイゴン。たぶんインドに行ったことのある日本人でもほとんどその名前を知っている人はいないでしょう。
プンツォリンとこのジャイゴンを合わせて一つの街として機能しているような感じです。
ちなみに、標高は200m程度。
常夏です。

このプンツォリンに行くには、ティンプーから車で6・7時間、途中馬に乗ってるようなくらい車が揺れる悪路や、ガケ崩れで封鎖寸前の道路を走り続けると着きます。
バスでも行けて、だいたい1000円くらいだった気がします。
物理的には日帰りできますが、悪路による疲労と車酔いで2泊3日の行程で行かれることをお勧めします。

今回、ボクがこの街へ行ったのは、新しいプロジェクトの現場視察とお役所の偉い人との打ち合わせのため。
メンバーは、自分の他にカウンターパートと電気のエンジニアにドライバーの4人でした。

1日目は朝11時前にティンプーを出発して、とにかく移動。
17時過ぎにようやく到着でした。

街にはいってすぐの所に、ブータン唯一の工学系大学があるのですが、電気のエンジニアの人の母校だそうなので、後輩に会いに行くために寄りました。
そこで、ちょっと変わった建物ができていたのですが、何の建物か分かります?

P9011381.jpg


これ、新しくできた学生寮です。
ブータン人のダショーと呼ばれる伯爵みたいな人が設計したそうです。
んー、どうなんでしょうね。
とりあえず、ブータンっぽくは無いです。
ちなみに、半年前に訪れた時はまだ躯体の工事中でした。
こんな感じ。

P2138634.jpg


真ん中に芸術的な竹の仮設階段が設置されています。
これが、出来上がると↑になります。

1日目はこの後、カウンターパートの別宅に行き、晩飯を食べにレストランに行って終わりました。
宿泊は、この別宅。

ということで、次回は2日目の出来事を中心に書く予定です。
それではまた。
スポンサーサイト
[2010/09/14 22:47] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南方遠征記 プンツォリン偏 その2 | ホーム | 南方遠征記 ゲドゥー偏 その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/27-b277db06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。