スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
南方遠征記 プンツォリン偏 その3
プンツォリン偏最終回。

ボクの住んでいる首都ティンプー(2400m)とプンツォリン(200m)では標高が約2000m違います。
緯度はだいたい沖縄と同じくらいなので、この町は完全に南国なわけです。
バナナが自生してます。針葉樹系が多いティンプーとは植生が全く違います。
3日目に帰るとき、道端に設置してある気温計をみたら40度でした。
ティンプーに帰った夕方の気温は24度。

ここまで違うと、町の雰囲気も違います。
また、すぐ隣がインドということもあって、建物も違った意匠のものも多いです。
でも、最近は市役所による確認申請制度が始まったみたいで、新築される建築物などはブータン風にしないといけないようですが。

というわけで、プンツォリンの街角写真をどうぞ。

まずは、町の全景から。

P2138687.jpg


移っている町のうちのほとんどがインド側の町ジャイゴン。
プンツォリンは山際のほんの少しの部分です。

町のメインストリートです。

P9021510.jpg


ちなみにこちらはティンプーのメインストリート。

IMG_5388.jpg


なんだか雰囲気が違うの分かります?


この通りの入り口の横にある町で一番とブータン人に評判の中華料理屋「ZEN」

P9021475.jpg


プンツォリンにお寄りの際はぜひ。
また、このすぐ近くにローストチキンのおいしい食堂があるんですが、いまだに食べれたことがありません。

町の別の場所。

P2128583.jpg


ピンクな壁が南国感を醸し出してます。

こちらが、国境の門です。

P2128627.jpg


ブータン人とインド人はビザなしで通れるので交通量はいつも多いです。
夕方になるとインド側の関税に向かうトラックで大渋滞だそうです。

こちらが川の国境です。

P2138703.jpg


ここに来ると、インドとブータンの矛盾を感じてしまいます。
ブータンは毎年、かなりの金額のドネーションをインドからもらっています。
中国と国境を接するブータンに対していろいろ思惑があっての事だと思いますが、この光景を見るとなんだかなーと思うわけです。
川のこちら側のブータン人の子供はおもちゃを手にはしゃぎ回ってて、川向こうの生活とはまるで違うのに、そのインドからのドネーションで経済発展をしているわけで、複雑な光景ですね。

というわけで、ティンプーからはがんばれば日帰りで行けるけど、2泊3日は行きたいプンツォリンでした。
(なんせ、片道6・7時間かかりますから)
スポンサーサイト
[2010/09/30 22:58] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南方遠征記 チュカ偏 | ホーム | 南方遠征記 プンツォリン偏 その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/29-10a45ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。