スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
はためく街-おまけ
先週終わってしまったSAARCサミットのおまけ。

サミットで変わったこと、気づいた事などなどをまとめて。

●道路がきれいになった
 ・一部の道路ではアスファルトが引きなおされました。でも、日本と違うのは古い舗装の上にプライマーらしきものを塗ってその上に直に新しいアスファルトを敷くというなんとも大胆な方法で工事してました。
 ・一部の道路に中央線が引かれました。ブータンでは中央分離帯がある道路はあっても基本的にそんなもの見たことがありません。

●警官が大発生
 ・いたるところにいました。
 ・普段こんなにいないのに、どこから沸いて出てきたのか不思議です。

●犬がなんとなく減った気が・・・。
 ・野犬狩りでもしたのでしょうか、街中で見かける数が減ったような気がします。
 ・とはいっても、習慣で殺されることは無いのでいつかまた戻ってくるでしょう。

●夜の店が早く閉まる
 ・サミット期間中はノーミュージックノーダンスだったそうです。
 ・各国の代表団の一般職員みたいな人たちはブータンのナイトライフが楽しめず残念だったことでしょう。

●みんなゴ・キラを着てる
 ・もともと普段から着ないといけないものらしいのですが、政府のお達しにより子供以外はほとんどみんな来てました。普段は仕事が終わった人などは洋服です。

●インド・ネパール人がいない
 ・ブータンには建設現場などの労働力としてインド・ネパール人の人が多く出稼ぎに来ています。しかし、この期間中は、母国に帰されたり外出禁止になったりという措置がとられたそうです。
 ・ブータンの暗部を垣間見た気がしました。

良いこともあり、そうでもない事もあった1週間でした。


そうそう、何にも影響が無いと思っていた自分の職場にも多少影響がありました。

救急車

緊急時のVIPのバックアップのために地方から救急車が応援に駆けつけてました。
もちろん運転手とスタッフ付で。
その救急車とスタッフが寝泊りしてたのが、元産婦人科&耳鼻科の病棟だったうちのオフィスだったのです。
いつも見かけない人がいっぱいいて、おまけに玄関のところでケータリングの飯を食べてたので、不思議に思って同僚に聞いたらそういうことでした。
かといって、特に自分が何かしたわけではないですが。

ただ、地方の病院は規模も小さくあまり救急車も無いのにスタッフ付で貸し出させるとはまたすごいなと。
その間、地方の病院がどうなってたか不思議です。
ちなみに、写真の救急車はタシアンツェという首都から3日ほどかかるところの病院のものです。

この救急車が活躍することなく終わったのは良かったと思いますが、遠路遥々ご苦労様でした。
スポンサーサイト
[2010/05/08 19:21] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ブータン建築の基礎 | ホーム | はためく街-2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kunimodruk.blog16.fc2.com/tb.php/7-dfc79d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。