スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
帰国しちゃってます。
ブータンにではなく日本に・・・。

「インドに行ってきます!!」

と、前回の記事で書いてたのに、記事を更新しないまま任期終了で日本に帰国しました。
暇だと思ってたブータン生活でも、最後の1ヶ月はやはり忙しくなるものですね。
と言い訳しつつ。

そんなわけで、まずはインド旅行の記録から。
と言っても、長くなりそうなので写真だけ。
詳しく聞きたい方はご連絡下さい。

●インド旅行の軌跡

インド旅行の軌跡

25日間でこんなところを回ってました。


●ネパール編

P8087331.jpg

エベレストです。マウンテンフライトで見ました。
詳しくはコチラ
Nepal 2011/08/06-08


●インド編

P8097511.jpg

コルビジェなどなど
詳しくはコチラ
India part-1 2011/08/09-16

India part-2 2011/8/19-23&29・30


●スリランカ編

P8268901.jpg

世界遺産のシーギリアの壁画
詳しくはコチラ
Sri Lanka2011/8/24-28


どこもおもしろくて、良い人とたくさん出会えた旅でした。
ブータンにいるだけでは分からないブータンのことや日本のことがよく見えて、それまでとは違った視点が得られたと思います。
ブータンに比べるとどこも先進国ですね。

ひどくぼったくられた感じは無いですが、旅の最後の夜であるコルカタで露店のオヤジに、

「いくらぼった繰られた」

と声を掛けられたのが面白かったです。
やっぱり日本人ってそうとうやられてるんですね。
ぼったくられたわけじゃないけど、この旅で5キロくらい体重が減りました。
旅に出ると食欲が無くなる体質とくそ暑い気候のせいですかね。

ブータンでは食べることが出来ないマックシェイクがものすごく美味しかったです。

メインの目的地の一つであるチャンディガールでこんなものを買ってきました。

IMGP1225.jpg

真ん中のやつは鉄板で出来てます。
旅の序盤でかなり重いものを背中にしょってしまいました。これでたぶん2キロくらいの減量効果があったのではと推測されます。

日本に帰ってもう1ヶ月が経ちますが、まだまだ体重は元に戻りません。
恐るべしインドの呪い・・・。
先輩隊員でインド旅行から帰って半年間「顔が痛い」と言って病院に通ってた人がいたけどそれよりはましかな。
ちなみに、その人はガンジス川で水泳の4種メドレーをやってました。

そんなわけで、ただいま日本にてプラプラしてます。
連絡いつでも受付中です。
それではまた。
スポンサーサイト
[2011/11/04 08:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あっという間に-その2
3月・4月はそんな感じで、バタバタと日々を過ごしてました。

5月以降は一先ずダイジェスト版で。

○5月
 ・誕生日がきました。とうとう30歳になってしまいました。
  
IMG_7831.jpg 

 ・半期に1度のそして任期最後の隊員総会
  (ブータン全土のJOCVが集まってあれやこれや話し合う会)

○6月
 ・ラヤッパと呼ばれる山岳民族の住む標高3700mのLaya村へトレッキング。
  11日間でパンツを1回しか替えないという神業を披露する。
  ラヤッパの女の子はカワイイ子が多いとブータン中で評判です。

P6085516.jpg

 ・ラヤ村では今年から始まった「ターキン・フェスティバル」に日本文化紹介のブースを出して参加。

P6136687.jpg

 このトレッキングの模様はコチラ↓↓↓
 「Laya trek」
  http://www.facebook.com/media/set/?set=a.197912633594613.66079.100001276325601&l=55363b923d&type=1
 「1st Takin festival」
  http://www.facebook.com/media/set/?set=a.197917170260826.66081.100001276325601&l=6d8d2df8c9&type=1

○7月
 ・鶏祭りBBQを開催(2回)
  1回目の時に6キロの鶏を買ってきて「これは鶏じゃない」とさばいてくれた人に怒られる。
 ・ラヤ村に次ぐ標高の町Haaにサマーフェスティバルを見に行く。

そして8月。
6日から「インド亜大陸1周弾丸ツアー」に行ってきます。
ネパール→インド→スリランカを巡ります。
コルビジェ見てきます!
人生初のコルビジェです!!
あ、上野でも見たか。

そんなわけで、帰ってくるのは8月末です。
過去、ブータンからインドに旅行した隊員はすべからくインドにやられてます。
はたして、ボクのお腹は大丈夫なのだろうかとちょっと心配ですが、まぁ何とかなるか。

教科書でお馴染みのチャンティガール、そしてコルビジェ建築とルイス・カーンのアフマダバード、しっかり体験して期待と思います!!!

それでは無事に生きて帰れたらまた。
[2011/08/05 00:40] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あっという間に-その1
8月です。
任期もとうとう後2ヶ月です。
10月4日の朝に羽田着の予定です。

3月11日の地震があった日から、なかなかブログを更新する気が起きず、そのままズルズルと8月になっちゃいました。
あの日、「仙台で大きな地震があったらしいよ」と昼飯を食べている時に知人に聞き、「そうなんだー」としか思わず、オフィスに帰ってみると、同僚から「日本ですごい地震があったってニュースでやってたぞ」と言われました。
すぐさま、ネットのニュースを確認してみると、どうしよもないほどの大震災。
その後、家に帰ってテレビやネット、NHKのネット配信を一晩中見てました。

ブータンはとても親日な方が多い国なので、行く先々で、初めて話す人まで、「家族は大丈夫か?」と聞かれ、我が身の事のように心配してくれる人がたくさんいました。
ほんとありがたいことです。

そんなこともあり、ブータンでは震災関連でいろいろなチャリティーイベントがありました。
ざっと書くとこんな感じ。

 ・5代国王主催の法要
 ・首相及び全閣僚やダショーが出席しての法要
 ・5代国王主催の昼食会
 ・各地での法要
 ・在留邦人とミス・ブータンや映画俳優などによるチャリティーコンサート
 (JICAのHPでも紹介されています。 http://www.jica.go.jp/information/disaster_msg/bhu.html

こちらでニュースを見ていても、まだまだ復興には程遠い状況と思います。
今後も様々な形で、復興・被災者支援を行えればと思ってます。

また、世界中で活動しているJOCVが連携して、活動している国の人々からのメッセージを集めて、被災者に送る活動もしています。
今はメッセージなんか何の役にも立たないという意見もあるとは思いますが、状況を踏まえつつ活動できればと思ってます。
やはり、「その時」にアクションを起こさなければ、どんどん忘れられていってしまいますしね。
HPも作ってます。

 「世界から元気を届けるメッセージプロジェクト」
  http://www.worldmessage.jp/

2011年7月22日から8月31日、Docomoのスマートフォンで見る​ことのできる「ドコモマーケットホームアプリ」にここの写真が日替​わりで掲載されています。
ドコモスマートフォンをお持ちの方がいましたら、是非​見ていただいてください。
共催:NTTドコモ・毎日新聞社

3月から4月は、「自分は今こんなところにいていいのか?」とほんとに悩んでました。
でも、こうして温かい言葉を頂け、また日本を支援して頂けるのも、日々いろいろな所でJOCVをはじめとするたくさんの人たちが活動しているからなのだろうと思います。
そう思うと、自分もまずはいまブータンで出来ることをやるべきなのだなと思いました。
メッセージの写真を見てもそうですが、日本ってほんと大切な国だと思ってもらえてますよ。

改めて、日本は良い国なんだなと思えました。

[2011/08/05 00:16] | 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いつの間にか
いつの間にか出来てました。


一昨年配属先に赴任してすぐの12月に、

 「ちょこちょこっと廊下の図面描くの手伝って!」
 「測量のデータとか無いから、実測してきて!!」

と急に夕方に言われて、5.5mのコンベックスを片手に超アバウトな現況の測量をして、図面をおこして描いた渡り廊下が、どうやら半年前に完成してたようです。

P1143425.jpg


目下担当中の伝統治療院の敷地内にある、伝統治療的な薬を作る工場と、3・4年位前に出来た新しい原料貯蔵庫兼会議室兼研究施設(?)をつなぐ渡り廊下です。
この貯蔵庫ほんと笑えるくらい変な設計なのですが、詳細は割愛。
一例としては、メインエントランスに面した会議室を通らないと建物の奥(階段も)に行けないなど。

全長20m程度の渡り廊下で、左の貯蔵庫から緩いスロープで工場につながってます。

P1143426.jpg


中はこんな感じ。

P1143427.jpg


貯蔵庫は、壁をぶち抜いて、シャッターを新設しました。

P1143428.jpg

何とも、無理やりな感はありますが、まぁしょうがない。


こんな感じで、じみーにですが自分が関わった物が出来てます。
[2011/02/14 23:03] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロサ タシデレ
去る2月3・4日、ブータンもようやく新年を迎えました。

ロサ=新年
タシデレ=おめでとう

というわけで、明けましておめでとうございました。
前回の記事から早2ヶ月近く。

どうせ誰も読んでないだろうとたかをくくってのんびりしてたら、なんと催促されてしまいました。
Uさん、元気でやってます。
毎年、年賀状ありがとうございます。

この2ヶ月間は毎週末何かイベントがあったり、無くてもやらないといけないことがたくさんあったりで、筆不精な自分としてはなかなか記事を書く体勢になれず、数人の方にはご心配をおかけいたしました。
はい、完全に言い訳です。

ここで、年末年始の出来事をざっとおさらい。

 ・12月終わり 忘年会など
 ・ 1月初旬  新年会
 ・ 1月中旬  報告書など
 ・ 1月下旬  東の果てへ旅行(9日間)
 ・ 2月上旬  ロサ休み

こんな感じです。
追々、東の旅行とかロサの事とか書いていこうかと思ってます。


さて、ここでひとつブータンらしいできごとをご紹介。
去年は、日本に帰国中で体験できなかった初雪休みが1月20日にありました。
前夜から降り出した雪は、朝にはうっすら屋根を白くしたんですが、

「道路に積もらないと休みにならない」

という噂があって、どうにも微妙な朝を迎えたわけです。
せっかくなので、街中の写真を撮りに朝早くから出かけたわけですが、どうにも休みっぽくない。
出勤してる人もけっこういて、これは休みにはならないなーと諦めてそのまま9時に出勤すると、なんとほとんど人がいない。
自分を含めて4人だけでした。
そして、出勤して5分もしないうちにカウンターパートから電話があり、ラジオで休みって言ってるということで、急遽初雪休みとなりました。

ほんと、街中が休みになって欲しいけどこれじゃーねーという微妙な空気に満たされた朝でした。

街はこんな感じ。

P1203452.jpg


9時過ぎの帰るころには日も照ってきて、午前中には雪は全部溶けちゃいました。
[2011/02/14 22:48] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。